質良くできる!オリジナルTシャツの印刷依頼は業者におまかせ

オリジナルTシャツ

著作権に注意!オリジナルTシャツを印刷する際の注意点

無地のTシャツ

文化祭や部活動、サークルなどでオリジナルTシャツを印刷することが多々あると思います。みんなでおそろいのオリジナルTシャツを着ていると一体感が出ていいものです。しかし、注意しておかなければならないこともあります。それは著作権です。ここでは、オリジナルのチームTシャツ、またはクラスTシャツを印刷する時に気をつけるべき点を紹介していきます。
オリジナルTシャツを作るうえで、身近なデザインや憧れのデザインを印刷したいと考える人がいるかもしれません。例えばアニメやマンガ、タレントや俳優の名前、雑誌の写真などです。しかし、これらの著作権が発生するものには権利者の許可が必要になり、基本的には許可が下りにくいです。しかし、意外に使ってもいいよと言ってくれる権利者もいますので、ダメもとでお願いするのも有りでしょう。
オマージュやパロディの場合は、元ネタが分かるようなデザインなら権利者の許諾が必要です。もちろん、だれにも元ネタが分からないようなデザインであればOKですが、デザインが似ているかどうかは人によって意見が分かれるので、最終的には自己責任ということになります。複数人で利用するような形ではなく、個人で利用する場合でも著作権は有効です。ですので、営利目的ではなくても無断で使用しないように気をつけてください。クラスTシャツを作るなら、業者に依頼すると期待以上の結果が得られるのでおすすめです。